背中ニキビはシャンプー剤の洗い残しが原因

 

顔だけでなく、背中のニキビのお悩みを抱えている人は意外に多くいらっしゃいます。

ニキビとは無縁の人からすれば「背中にまで・・・」と思うかもしれませんが、実は、背中は顔や頭についで皮脂の分泌量が多いと言われている場所で、毛穴がつまりやすく、ニキビができやすいのは当然と言えます。

しかし、実際に背中ニキビで悩んでいる人の肌を調べてみると、その原因には、皮脂の分泌過多よりも、洗髪時のシャンプー剤やコンディショナーなどの洗い残しが関係していることが多いのだと言われています。

シャンプーをした後に、頭自体はよく流しても、髪の毛をつたって背中に流れ、そのまま放置していると背中の肌に悪影響を与えてしまいます。

このように背中まで、しっかりとすすいでないという人が多く、それがニキビの原因になってしまうというわけです。

シャンプー剤やコンディショナーなどは化学成分でできていますから、それがしっかりと流されずに残っていれば、皮膚にとっては刺激になってしまうことは想像に難しくありません。

髪の毛をつたって背中に流れたシャンプー剤などは、背中の皮膚を刺激してダメージを与え、赤くなって痒くなったりして、そして、ニキビ発生の原因を作ってしまいます。

また、できてしまったニキビはもうどうしょうもないので、傷つけないように注意して下さい。

背中を洗う時に、硬いナイロンタオルやボディブラシを使ってゴシゴシと強く擦ってしまう場合がありますが、このような行為は、ニキビを傷つけて炎症を起こし、なかなか消えないニキビ跡やシミとなってしまう恐れがあります。

体を洗う時は柔らかな綿タオルを使い、ボディソープよりシンプルな固形石鹸がオススメです。

そして、体を洗う順番として、洗髪をして髪をすすいだ後に体全体を洗うようにすれば、背中にシャンプー剤などが残らずに済みます。

同じことは顔にも言えるので、洗顔も、洗髪の後に行いましょう。

また、背中は汗を掻きやすい場所でもありますので、こまめにシャツを着替えたり、運動した後はシャワーを浴びるなど、清潔な状態を保ち、さらに、衣類の刺激にも注意が必要です。

ザラザラしたレースやラメ入りの素材などは、直接肌に触れるとニキビを誘発したり、悪化させることがあるので、できるだけ避けるようにしましょう。

このようなことが背中ニキビの大きな原因になっていますが、そもそも大人ニキビは、生活習慣の乱れからホルモンバランスが崩れて、それがニキビ発生の大きな原因になるとされています。

入浴時にシャンプー剤などが残らないようにすることも大切ですが、まずは、夜更かしを続けて慢性的な睡眠不足だったり、無理なダイエットのために栄養が偏ったり、ストレスを溜め込んだりしないように注意しなければなりません。

規則正しい生活習慣の中で、背中ニキビの原因となるものを解消していきましょう。