乾燥から肌を守るバリヤ機能

 

肌の水分量が減少し、肌の表面がカサカサしてつっぱったり、シワが目立つようになったりする乾燥肌でお悩みの女性は大勢いらっしゃいます。

そんな乾燥肌の女性の中には、洗顔後の保湿ケアとして、ただ化粧水をたっぷりとつけて、それがそのまま肌の水分となって潤いになると思い込んでいる人が多いようですが、それは間違いです。

確かに化粧水をたっぷりとつけた直後は潤っているように感じますが、化粧水の大半は水なので直ぐに蒸発して乾燥状態に戻ってしまいます。

潤いを保つための肌内部の水分は、外から与えるものではなく、体の内側からしみ出して肌内部で維持されているものなのです。

それでは、体内からの水分が、どのようにして肌内部に維持されているのでしょうか。

人の肌は、一番上から順に、表皮、真皮、皮下組織という3段構造でできています。

その中で、肌の表面に位置する表皮には角質層という部分があり、この角質層は僅か0.02mmの薄い膜ですが、角質細胞がレンガ状に約20層積み重ねられています。

そして、この積み重ねられた角質細胞をしっかりとつなぎ留めて強力な壁を作っているのが角質細胞間脂質のセラミドです。

このセラミドは、化粧品などの広告でよく聞かれると思いますが、肌の水分を維持する保湿成分で、また、紫外線などの外部からの刺激や異物が肌内部に入り込まないようにブロックする働きもしています。

こうしたセラミドを中心とした働きをバリヤ機能と呼んでいます。

ちなみに、健康的な肌には約20%の水分が保たれていますが、それが20%以下になると乾燥肌ということになります。

また、セラミドは体内からしみ出した水分をサンドイッチ状にはさみ込んできっちりと維持しているわけですが、湿度が0%になっても蒸発しませんし、温度がマイナスになっても凍ることもありません。

しかし、体内に存在するセラミドの量は、生まれたばかりの赤ちゃんの時をピークに、年齢を重ねるとともに減少し、さらに、クレンジングなど間違ったスキンケアによっても失われてしまいます。

すると、バリヤ機能が低下して肌内部の水分を維持できなくなり、乾燥肌に陥ってしまいます。

ですので、乾燥肌になる原因は、水分量が減少していると考えるよりも、保湿成分のセラミドが減少していると考えるべきで、洗顔後の保湿は、化粧水ではなく、セラミドなどの保湿成分をたっぷりと含んだ美容液を与えることが潤いのある美肌を保つ重要なポイントになります。

ですが、セラミド配合と謳っている化粧品の中には、本当のものではなく名ばかりのものも少なくありません。

本当のセラミドが配合されている化粧品は、成分表示に、セラミド2、3、10などと数字が表示されているので、これらの数字を確認してから購入するようにしましょう。