背中ニキビはシャンプー剤の洗い残しが原因

 

顔だけでなく、背中のニキビのお悩みを抱えている人は意外に多くいらっしゃいます。

ニキビとは無縁の人からすれば「背中にまで・・・」と思うかもしれませんが、実は、背中は顔や頭についで皮脂の分泌量が多いと言われている場所で、毛穴がつまりやすく、ニキビができやすいのは当然と言えます。

しかし、実際に背中ニキビで悩んでいる人の肌を調べてみると、その原因には、皮脂の分泌過多よりも、洗髪時のシャンプー剤やコンディショナーなどの洗い残しが関係していることが多いのだと言われています。

シャンプーをした後に、頭自体はよく流しても、髪の毛をつたって背中に流れ、そのまま放置していると背中の肌に悪影響を与えてしまいます。

このように背中まで、しっかりとすすいでないという人が多く、それがニキビの原因になってしまうというわけです。

シャンプー剤やコンディショナーなどは化学成分でできていますから、それがしっかりと流されずに残っていれば、皮膚にとっては刺激になってしまうことは想像に難しくありません。

髪の毛をつたって背中に流れたシャンプー剤などは、背中の皮膚を刺激してダメージを与え、赤くなって痒くなったりして、そして、ニキビ発生の原因を作ってしまいます。

また、できてしまったニキビはもうどうしょうもないので、傷つけないように注意して下さい。

背中を洗う時に、硬いナイロンタオルやボディブラシを使ってゴシゴシと強く擦ってしまう場合がありますが、このような行為は、ニキビを傷つけて炎症を起こし、なかなか消えないニキビ跡やシミとなってしまう恐れがあります。

体を洗う時は柔らかな綿タオルを使い、ボディソープよりシンプルな固形石鹸がオススメです。

そして、体を洗う順番として、洗髪をして髪をすすいだ後に体全体を洗うようにすれば、背中にシャンプー剤などが残らずに済みます。

同じことは顔にも言えるので、洗顔も、洗髪の後に行いましょう。

また、背中は汗を掻きやすい場所でもありますので、こまめにシャツを着替えたり、運動した後はシャワーを浴びるなど、清潔な状態を保ち、さらに、衣類の刺激にも注意が必要です。

ザラザラしたレースやラメ入りの素材などは、直接肌に触れるとニキビを誘発したり、悪化させることがあるので、できるだけ避けるようにしましょう。

このようなことが背中ニキビの大きな原因になっていますが、そもそも大人ニキビは、生活習慣の乱れからホルモンバランスが崩れて、それがニキビ発生の大きな原因になるとされています。

入浴時にシャンプー剤などが残らないようにすることも大切ですが、まずは、夜更かしを続けて慢性的な睡眠不足だったり、無理なダイエットのために栄養が偏ったり、ストレスを溜め込んだりしないように注意しなければなりません。

規則正しい生活習慣の中で、背中ニキビの原因となるものを解消していきましょう。

 

 

 

いつまでも健康的で若々しくいたい人は筋力トレーニングを!

 

若々しい人と、見た目が老けた印象で年齢を感じる人の外見上の違いといえば、どのようなことを思い浮かべるでしょうか。

もちろん、髪が薄かったり、白髪が混じっていれば老けた印象を与えますが、全体像を見比べてみると、若々しい人は背筋も伸び、いつも颯爽と歩いているのに対して、年齢を感じている人は、背中が丸まって中年体型になってノロノロと歩き、どうしてもどこか頼りない感じを受ける体型をしています。

このように感じる人は多いのではないでしょうか。

実は、この違いは筋肉にあり、筋肉が老化して減少している状態は体型に現れやすいということが言えます。

背筋をまっすぐ保つためには、背中の筋肉がしっかりとしていないといけませんし、胸を張って歩くためには背中の筋肉と胸の筋肉のバランスが良く、ある程度の筋肉量を維持しなければなりません。

身体を支える骨格筋のバランスが崩れていたり、衰えていると、やはりバランスがおかしかったり、どこか違和感を感じてしまいます。

そもそも体型というのは、「筋肉」「骨格」「脂肪」の3つから構成されています。

若々しい体型は、筋肉と骨格がしっかりとして脂肪が少ない状態ですが、年齢を重ねて老化した中年体型は、筋肉量が減少し、骨格が弱くなり、脂肪が増えている状態です。

このように筋肉と骨格が減少して脂肪が増加していくという現象は、老化に突き進んでいるという状態になります。

逆に年齢を重ねても、いつまでも若々しく見える体型でいたいと願うなら、筋力トレーニングなどで筋肉と骨格を鍛えて、余分な脂肪を落とせばいいわけです。

筋肉量が増えて余分な脂肪がなくなれば、体型がスマートになり、背筋が伸びて躍動感がみなぎって颯爽と歩くようになり、見た目年齢が若くなります。

また、筋肉量が減少している体は、見た目だけでなく血液の循環や代謝機能が低下するので、疲れやすくなったり、冷え性になったりして体調が崩れやすくなり、また、免疫力も衰えるので、風邪を引きやすくなります。

そして、筋肉量と基礎代謝量は比例関係にあるので、筋肉量が減少すると基礎代謝量も低下してしまいます。

基礎代謝量が低下するということは、1日あたりの総消費エネルギーが減少することになり、その結果、太りやすい体に変わってしまいます。

40歳を過ぎた頃から、「若い頃と食事量は変わらないのに、徐々に太ってきた・・・」という体験をしている人は、この基礎代謝量が低下しているからです。

このように筋肉は、肥満体型を防ぎ、健康的な体と若々しさを保つために重要な働きをしています。

エネルギッシュで若々しく、そして、健康な体をいつまでも保ちたいと願う人は、さっそく筋力トレーニングを始めましょう!

 

 

運動で危険なメタボ体型を改善しましょう。

 

40歳を過ぎて、お腹回りに脂肪が溜まって肥満体型になってしまった人は、健康診断を受けた時に「メタボ」と診断されるケースがよくあります。

「メタボ」とはメタボリックシンドロームの略で、内臓肥満や腹部肥満などの内臓脂肪型肥満により、中性脂肪、血圧、血糖値のうち、2つ以上の基準値を超える異常を合わせ持った状態をいいます。

また、メタボ体型、または、内臓脂肪型肥満と言われる状態は、お腹の回りを中心に脂肪が溜まり、「ビール腹」「ビヤ樽型」などと呼ばれている肥満体型のことで圧倒的に男性に多く見られ、「リンゴ型肥満」とも言われています。

そして、この肥満体型は、生活習慣病と深い関わりがあり、糖尿病、動脈硬化、脳血管障害、心筋梗塞など、命に関わる重大な病気につながる危険がありますから、早急に改善しなければなりません。

このような危険なメタボ体型を改善するには、もちろん暴飲暴食やドカ食いなどの過食生活を見直さなければなりませんが、適度な運動を定期的に行うという生活習慣を身に付けることが必要です。

そして、お腹回りに溜まった脂肪を減らすには、酸素を体内に取り入れて比較的ゆっくりと行う有酸素運動が最も効果的です。

ちなみに、お腹回りを中心に脂肪が溜まる内臓脂肪型肥満に対して、皮膚の下の皮下組織に脂肪が付く状態を皮下脂肪型肥満と言います。

内臓脂肪型肥満は、とても危険な状態ですが、正しく運動を行えば皮下脂肪型肥満に比べて脂肪燃焼しやすいと言われています。

それでは、脂肪燃焼に効果的とされる有酸素運動にはどのようなものがあるのでしょうか。

最も一般的で代表的なものが、ウォーキングやジョギング、サイクリングなどで、お金もかからず、どこでも気軽に行えて、比較的緩やかな運動になります。

運動経験がなくて、体力に自信がない人でも、時間的な余裕さえあれば、無理なくウォーキングはできると思います。

逆に、体力に自信がある人は、速いペースでジョギングをしてしまいがちですが、運動が強度になるにつれて脂肪燃焼の効率は悪くなってしまいます。

まずは、あまり欲張らず、無理をせずに、1日10分~20分程度の軽い運動から始めましょう。

徐々に慣れて体力もアップしてきたら、時間を伸ばして、ゆっくりとしたウォーキングから少し速度を上げ、最終的には軽いジョギングができるまでに体力アップすれば、脂肪燃焼効果も高まります。

そして、長期計画で行うことが重要です。

いくら効果が高いと言っても、数ヵ月で何キロも痩せられるほど甘いものではありません。

体重を減らす目安としては、3ヶ月で約2kgくらい落とすパースが無理がなく継続しやすくて、また、リバウンドのリスクも少ないと思います。

お腹がポッコリと出て、健康に不安を感じている人は、さっそく運動を始めてメタボリックシンドロームを改善しましょう。