効率よく痩せるには・・・

 

痩せるための基本は、1日の総消費エネルギーが総摂取エネルギーを上回る赤字収支の生活習慣を作ることです。

ですが、正しいダイエット知識の無い人は、痩せるためには食事制限して摂取エネルギーを減らさなければならないと思い込んでおり、食事制限だけで赤字収支の生活習慣を作ろうとします。

確かに、食べ過ぎの食スタイルが原因で太ってしまった人は、まず最初に適正量の食事に戻すために、食事制限が必要になりますが、基本的には、運動などで消費エネルギーを高めることが必要です。

しかし、運動と一口にいっても、いろいろな種類があります。

その中で、ダイエットの王道とまでいわれて、人気があり多くのダイエッターが実践している運動が、ウォーキングやジョギング、サイクリング、スイミング、エアロビックスなどの有酸素運動です。

これらの運動は、実際に体脂肪を燃焼するという効果があり、比較的、楽で気軽に行えるというところが人気の理由だと思いますが、実は、その効果はほんの僅かしかありません。

例えば、汗をたっぷり流して、1時間ほどのジョギングをしたとしても、その効果は、ほんの数グラムの体脂肪燃焼です。

体重50キログラムの一般的な女性なら、50グラム前後といったところでしょうか。

体脂肪1キログラムを燃焼するには、約20時間ほどのジョギングが必要で、時間をかける割には、効率が悪いというわけです。

それでも、僅かながら体脂肪を燃焼するのは事実なので、時間的な余裕がある時は、コツコツと疲れが溜まらないように行うことも大切です。

大事なことは、巷でいわれているような効果を期待し過ぎないということです。

そんな有酸素運動よりも効果的なのは、筋力トレーニングなどの無酸素運動です。

筋力トレーニングと聞くと、重いダンベルやバーベルを持ち上げたりして、とてもハードなイメージを持っている人も多いかと思いますが、それはプロスポーツ選手レベルのことで、ダイエットレベルなら、自宅で気軽に行えて、たった10分程度でも効果の得られるトレーニングはたくさんあり、しかも、毎日、行う必要もありません。

そして、筋力トレーニングの最大のメリットは、筋肉量が増えることで、基礎代謝量が高まるということです。

大澤美樹 ダイエット

基礎代謝量が高まれば、特にこれといった運動をしなくても、1日の総消費エネルギーがアップして痩せやすい体に変ります。

この基礎代謝量を高めることが、最も効率よく、健康的で確実に痩せるダイエット法になります。